発電量分析

太陽光発電システムがどのくらい発電することができるかを分析します。当社の革新的な現地調査とソフトウェア技術を使い、一年を通じて実際の出力量からわずかの許容差で、迅速にその場所の見込み発電量を計算します。

  • 日本国内で太陽光発電所計850箇所以上のプロジェクト実績。
  • 当社がレポートを担当したプロジェクトの内300MW以上が大手企業・投資グループより資金調達を受けています。
  • 顧客満足度95%
  • 世界で最も高品質な技術のひとつです。(研究分野はこちら
  • 業界大手の太陽光発電所開発業者や長期的保有者に利用されています。 
  • 空撮サービスとの組み合わせで高品質な2D図や3Dモデルを作成します。
  • 雪に関するデータをもとに雪モデルを開発。雪のリスクを計算します。
Sunpulse 安い

低コスト

当社の効率性や経験、顧客のニーズを十分に理解することにより、リーズナブルな料金で発電量分析レポートを作成することができます。

Sunpuse 品質

品質

データ重視と合理的照合プロセスで高品質な分析をいたします。国際カンファレンスでも日本国内の日射量データセットに関する論文を発表しています。

Sunpulse 早い

迅速

経験豊富なソーラーエンジニアがデータとパフォーマンスを重視しプロジェクトに専念するため、顧客のニーズや意見に迅速に、そして効率的に対応いたします。


主なサービス内容

  • 時(以下)・月毎の出力発電量予測。
  • ドローン空撮のデータを加えることが可能。
  • 任意のメーカーの任意の製品のデータを加えることが可能。
  • 雪予測とその影響。
  • 微候変動と不確定要素。
  • ファイナンシャルモデル。

※枠組みは、発電量分析の日本工業基準であるJIS C 8907:2005に基づいています。また分析をより正確にする為、複数の日照量データを組み合わせ計算しています。

技術

  • MTSAT, JMA, Meteonorm, 3Tier, NEDO, METPV-11.
  • 国内120ヶ所以上の発電所データを取り入れています。
  • 当社が管理するモニタリングシステムのデータを取り入れています。
  • PVSYST6.62
  • 当社の研究論文は国際学会で発表されています。
  • PVSystに独自の調整計算技術を組み込んでいます。